« 井上道義さんを見に行く | トップページ | 草乃しずか日本刺繍展に行く »

君の名残を

先週末から体調不良。風邪をひきました。
おかげさまで、この2日間、ずっと読書。
文庫本になったら読もうと思っていた浅倉卓弥『君の名残を』上下(宝島社文庫)を読み終えました。
現代の高校生3人がタイムスリップして、源平争乱の時代を、巴御前、武蔵坊弁慶、北条義時として生きるというお話。

大部ですが、一気に読ませる小説です。
でも帯に書かれているキャッチフレーズほど、すごいとは思えませんでした。
一気に読み通させる文章力ではあるけれども、リアリティに欠けているので、わたしには感情移入がでなかったからです。
平安末にタイムスリップしたらどうなるのかなあ。
今と発音も違うし、コトバが通じない。
ダンナさんに平安時代にタイムスリップしたらどうする?と聞いてみたら、すぐ死んでしまうと答えました。
わたしなら死にはしないけれど、小説の主人公たちのように、すんなりと自分の境遇を受け入れて生きて行くなんて絶対にできないと思います。
(う〜、でもタイムスリップできるなら源平時代に行ってみたい。。。)

それと歴史小説好きにとっては、この時代の描き方は少し物足りないかも。
もっと最新の歴史成果を取り入れてもらわなければ。

|

« 井上道義さんを見に行く | トップページ | 草乃しずか日本刺繍展に行く »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/8319157

この記事へのトラックバック一覧です: 君の名残を:

« 井上道義さんを見に行く | トップページ | 草乃しずか日本刺繍展に行く »