« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

大原野神社へドライブ

大原野神社まで犬君たちとドライブ。

060131

犬君たちを、朝から桂坂口にある犬の美容室プリティさんへ、シャンプーとカットに預ける。
昼過ぎ迎えに行くと、2匹ともかわいく変身していた。
気持ちが鬱いでいたので、大原野の空気を吸いに車を走らせる。
大原野は、京都の西、西山の山裾に広がる里山だ。
洛西ニュータウンを抜けると、京都市内と思えないほど、のどかな田園風景が目にとびこんでくる。
大原野神社は、藤原氏の氏神。かつては広大な神域が広がっていた。貴族たちが子の日の遊びをした跡でもある。
今でもわずかだが、神社の裏手に原生林のような森が残っている。
どこにいるんだろう?という気になる不思議な空間だ。
その森の中に立つと、まわりに同化したような気分になり、気持ちが落着く。
しかし森を抜けるまでは、元の世界に戻れるのか不安感もまとわりつく。
犬君たちは大喜びで森の中をかけめぐった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

京都御所へピクニック

今日は久々にダンナさんが家にいる休日。
犬くんたちを連れて京都御所へピクニック。
犬くんたちをめいっぱい遊ばせて、ベンチでお昼ご飯。

060129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草乃しずか日本刺繍展に行く

午前中はお仕事。
昼からは、毎年開かれている南区の大通寺さんでの実朝忌へ参拝。法要と講演がある。
1年ぶりに実朝像と対面。詳細は、平家ブログを見てね★

その後、美術館「えき」KYOTOで開催中の草乃しずか日本刺繍展『源氏物語そして命の輝き』展へ行く。
う〜〜ん。すばらしい。
キモノ好きの女としては、ゾクゾクするような感銘を受けた。
展示されている着物、帯を見ていると、着たいつけたい思いでいっぱいになる。
それに日本刺繍、やってみたい。。
半襟とかにビーズを自分で縫いつけるけれど、日本刺繍で飾れたらステキだろうな。
1月29日(日)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君の名残を

先週末から体調不良。風邪をひきました。
おかげさまで、この2日間、ずっと読書。
文庫本になったら読もうと思っていた浅倉卓弥『君の名残を』上下(宝島社文庫)を読み終えました。
現代の高校生3人がタイムスリップして、源平争乱の時代を、巴御前、武蔵坊弁慶、北条義時として生きるというお話。

大部ですが、一気に読ませる小説です。
でも帯に書かれているキャッチフレーズほど、すごいとは思えませんでした。
一気に読み通させる文章力ではあるけれども、リアリティに欠けているので、わたしには感情移入がでなかったからです。
平安末にタイムスリップしたらどうなるのかなあ。
今と発音も違うし、コトバが通じない。
ダンナさんに平安時代にタイムスリップしたらどうする?と聞いてみたら、すぐ死んでしまうと答えました。
わたしなら死にはしないけれど、小説の主人公たちのように、すんなりと自分の境遇を受け入れて生きて行くなんて絶対にできないと思います。
(う〜、でもタイムスリップできるなら源平時代に行ってみたい。。。)

それと歴史小説好きにとっては、この時代の描き方は少し物足りないかも。
もっと最新の歴史成果を取り入れてもらわなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上道義さんを見に行く

昨日はダンナさんと京都コンサートホールへ、井上道義さんを見に行きました。
見に行ったと書く訳は、井上道義さんの指揮は、聴く以上に魅せられるからです。
京都市交響楽団第484回定期演奏会で、曲目はシュニトケ:モーツァルト・ア・ラ・ハイドン、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調、ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調「1905年」。
期待どおり、魅せてもらいました。
すっごくかっこ良かったです。年々どんどんとかっこ良くなるような気がします。
井上さんらしい演出があちこちに見られ、本当に楽しませてもらいました。
後半は、わたしの大好きなショスタコ★
大興奮な夕べでした。

昨夜の夢がまだ覚めないのか、今日は1日ぼっとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑笑玩玩

お茶の専門店ルピシアさんの、2006年の干支にちなんだ限定のお茶は、「笑笑玩玩」と「桃桃香香」。
切り絵の犬柄にひかれ、「笑笑玩玩」を買いました。
犬が竹ザルをかぶっている姿、犬張り子の「ざる犬」がモチーフです。

「ざる犬」の由来は、ざるは風を通すので、子どもの鼻とおりをよくするおまじない説。
竹かんむりに犬は、「笑」という字の語源で、縁起がいいものという説があります。

うちの子も笑笑玩玩(シャオシャオワンワン)♪
060119

「笑笑玩玩」のお茶は、烏龍茶に焙じ茶をブレンドしたお茶で美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみません

ブログを長い間、放置して申し訳ありません。
昨年からマックとクイールの話題と、歴史の話題とを切り離して別ブログにしたいと考えていますが、方針が立ちません。

マックに相談すると、マックも悩んでくれました。
060117

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いたします。

060101

掃除しながら紅白を見ていると、ダンナさんに、除夜の鐘を聞きに行こう!と誘われました。
犬くんたちも連れて、報恩寺、妙蓮寺と回りました。
日付けも変わったので今宮神社へもお参りしました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »