« 平安時代史事典 | トップページ | イタリア行きたい »

夕暮れの里山風景

午前中は、区民体育祭の調整。
午後からは、犬君たちを西京区桂坂にある犬の美容室プリティさんへ連れて行く。
犬の美容室プリティさんは、マックが子犬時代から1か月ごとに3歳半まで通った美容室。
マックはプリティさんが大好き。
プリティさんという言葉を聞くだけで大興奮。
引越してから通えなくなったが、車で40分かけても連れて行ってやる価値ありと実感。
犬が喜ぶし、安心して任せられる。
マックは皮膚病にかかっているので短く全身カットしてもらう。クイールは、毛を切ったら伸びなくなところがあるようなので、お腹と下半身をカットしてもらう。
マックは毛を短くすると子犬かテディベアのようでラブリー♪

犬を美容院へ預けてついでに亀岡へ向かう。
亀岡市文化資料館で『亀岡源平ものがたり』という企画展示が、昨日からはじまっている。
(〜11/6 月・木の午後、10/11休館。入場料260円)
車で亀岡まで運転するのは、ワタシにとっては大冒険である。
亀岡には意外に源平の史跡が残っている。多くは伝説伝承であるが、そういった伝説伝承が生まれた背景の歴史があることを考えるとおもしろい。
図録がまだできていなかったので、気になる展示の解説をノートに写しながらゆっくりと見学。
資料館を後にして、義経の腰掛石を見に行く。たくさんノボリが立っていて車でもわかりやすかった。
でも腰掛け石にしては腰掛けにくそうだぞ。すぐそばにあるらしい若宮神社は、薄暗く女一人では危険そうなので断念。
夕暮れの里山風景。彼岸花。草を焼く煙。夕立ち。
またゆっくりと訪ねたい。

マックとクイールは疲れたようでバタンキューで眠りこけている。

|

« 平安時代史事典 | トップページ | イタリア行きたい »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/6222932

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの里山風景:

« 平安時代史事典 | トップページ | イタリア行きたい »