« 文覚と戦うの巻 | トップページ | 突入! »

月見

昨夜は、木造建築を研究されている京都の個人宅での月見の会に招待していただいた。
京町家で、平家琵琶を聴き、平家琵琶ゆかりの当道屋敷をたずね、鴨川でお月見という趣向。
平家琵琶は前田流平家詞曲の相伝者・鈴木まどかさんの語りで訪月と那須余一。
秋のしつらえをした座敷、和ろうそくの灯りのもとで聴く平家琵琶は、また格別。
平家琵琶を味わった後は、歩いて近所の当道屋敷跡を訪ねる。
その後、ちょうど月が1番高い位置に出ていることを見計らってタクシーで鴨川へ向かう。
ご亭主のおもてなしは、竹皮に包まれたおにぎりと、平家琵琶の演目に合わせて老松さんで作ってもらったという和菓子。

050916
右は与一が射た扇が波にただようところを表わしています。左はお月様に琵琶の4弦とツバメの焼印。

それとこの日のために竹屋さんで作ってもらったという竹筒に入れた水出しのお茶。竹の香りがなんともいえずにいい感じにうつって美味。竹のおちょこでいただく。

今回、この宴を開いてくださったご亭主は、木造建築を大学院で研究していらっしゃるそうだ。外国生活が長く、あらためて日本文化の良さを学んで研究していこうとされている。今回のもてなしにも随所に、和の良さを取り込まれている。
おかげさまで、なんとも風流な時を過ごさせてもらった。

さて、私たち夫婦のいでたちは、ダンナさんは柿渋染めの単衣、わたしは塩沢紬の縞の単衣。
久々に着物を着たものだから、出かける前の帯結びがたいへん。
着ないとどうしても忘れてしまう。これからはどんどんと着物で出かけようねと話合う。

|

« 文覚と戦うの巻 | トップページ | 突入! »

「お気楽な毎日」カテゴリの記事

コメント

>青蓮院の御本尊御開帳の関連行事ですね。

はいそうです。あの時に初めてお話しをさせていただきましたが、本当に素敵な方です。青蓮院ではどんなお話しが聞けるのか楽しみです。

投稿: ふーりん | 2005.09.24 00:06

ししまるさん がんばってキモノ着てますよ♪
木綿に半幅で襷がけ。
チクチク針仕事もがんばります。

ふーりんさん 10日とは、青蓮院の御本尊御開帳の関連行事ですね。
秦さんには面識がありませんが、どこかで見たことがある方だと思っていました。得心がいきました。
着物姿がステキで、ぜひお話もうかがいたいところです。
何も予定が入らなければよいのですが。

投稿: ラン2 | 2005.09.21 23:36

ししまるさん お返事ありがとうございます。

もう龍宮へ先に行ってしまわれたのですね。あちらで元気に走り回っているといいですね。

薪能にゆかたとは素敵ですね。毎年平安神宮の薪能に出かけるのですが、時期が時期なのでいつも雨の心配があります。今年も1日は大雨で順延でした。

土曜日は「謡講」なるものに出かけてきます。御簾や障子に隔てられた薄暗い中で謡を聞く会なのですが江戸時代に町衆の間でよく行われていたそうです。

投稿: ふーりん | 2005.09.21 09:22

ラン2さん、実は私も夏は浴衣を一回着ただけです(汗)薪能へ行く時でしたが、余りの暑さに絽の着物を断念しました。これからの季節、なんとかリべんジしたいですね♪

ふーりんさん、はじめまして!我が家にいたししまるは毛むくじゃらですが、今頃龍王と一緒に龍宮で駆け回っているかもしれませんね。須磨の浦に行けばあう事ができるでしょうか!?

投稿: ししまる | 2005.09.20 23:24

嵯峨野で・・。やっぱりそうでしたか。どこかでお目にかかったような気がしていました。8月1日も一番前で聞かせていただきました、もちろんご主人様の講義もしっかりと。講義の内容もとても面白かったです。

11日、はいーー行きますよ。

所で、先日10日の7時から、あの席でご一緒だった秦さんが青蓮院で対談をされますがいかがですか。

投稿: ふーりん | 2005.09.20 22:12

ふーりんさん コメントありがとうございます♪
風流な時を共有できて、うれしゅうございます。
たしか嵯峨野でもご一緒させていただきましたよね。
また11月にお会いできるのを楽しみにしております。
うちのダンナさんもすっかりまどかさんファンとなりましたので、一緒に追っかけをしようと思っています。

投稿: ラン2 | 2005.09.20 21:23

先日の平家琵琶を聞く会でご一緒させて頂いたものです。初めて聞いたのは5年ほど前ですが、聞くたびに魅力にひきつけられています。

ススキに栗、和蝋燭、町屋、それに琵琶とどれをとっても素敵な取り合わせ。その上特製の和菓子、青竹に入ったお茶と亭主の行き届いた感性が感じられましたね。

そうそう、ご主人様とのお着物姿とっても素敵でした。次回お会いできる時を楽しみにしております。

☆ししまるさん
  素敵なお名前ですね。能楽に「玄象」と言うのがあるのですが。その中に琵琶の名器のなまえとして、獅子丸というのが出てきますよ。

投稿: ふーりん | 2005.09.20 14:52

ししまるさん コメントありがとうございます。
本当に風流な体験をいたしました。

着物は、着ないと忘れてしまうものなのだ〜と実感。
以前は普段に着ていたのですが、犬が2匹になってからさっぱりごぶさたです。
今日からは、また普段にも着ようと、家の中の大掃除からはじめました(笑)

投稿: ラン2 | 2005.09.18 15:56

とても素敵なお月見の宵ですね。
想像するだけでも、なんかしみじみとしてきます。
御夫婦でのお着物、というのも良いですね〜!
単衣から袷へ、お着物を着るのが楽しい季節到来です。
お二人でお着物ライフ、楽しんで下さいね♪

投稿: ししまる | 2005.09.17 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/5974808

この記事へのトラックバック一覧です: 月見:

« 文覚と戦うの巻 | トップページ | 突入! »