« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

平安時代史事典

ブログ平家物語と重複しますが、こちらにも同文を載せておきます。
※・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
333
角田文衞監修(角川書店 1994年)。平安建都1200年を記念して作られたこの事典は、平安時代を勉強する上で不可欠なものです。上下2分冊に、資料・索引編がつきます。歴史はもとより文学・建築にいたるまで平安時代に関するあらゆることが網羅された総合事典です。
難点(あるいはユニークな点)は、女性名の索引が訓読みであること。これは監修者・角田文衞先生の方針によるものです。

残念ながら現在は品切れで、古書店での相場は、12万円以上します。状態の良いものですと20万円と値をつけています。
復刊ドットコムで、復刊リクエストの要望が出ています。
100票を越えて復刊交渉がはじまりましたが、角川書店によると今のところ復刊予定はないそうです。
しかし復刊リクエストが300票を越えたら復刊するつもりはあると関係者から聞きました。
復刊リクエストにご協力くださいませ。投票はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※

| | コメント (1) | トラックバック (0)

突入!

ママがケーキを買って来てくれた。
なんかお祝いらしい。
いつものワンのケーキ屋さんレアレアさん。
今日のケーキは、スイートポテト♪
050918

「う〜ん。うまい♪」
マックの視線の先にはゲージごしにクイールのお皿。
050918-3

自分のを食べたらクイールのゲージに突入するマック。
「へん。兄ちゃん、甘い!ボクの方が食べるの早いもん」
050918-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月見

昨夜は、木造建築を研究されている京都の個人宅での月見の会に招待していただいた。
京町家で、平家琵琶を聴き、平家琵琶ゆかりの当道屋敷をたずね、鴨川でお月見という趣向。
平家琵琶は前田流平家詞曲の相伝者・鈴木まどかさんの語りで訪月と那須余一。
秋のしつらえをした座敷、和ろうそくの灯りのもとで聴く平家琵琶は、また格別。
平家琵琶を味わった後は、歩いて近所の当道屋敷跡を訪ねる。
その後、ちょうど月が1番高い位置に出ていることを見計らってタクシーで鴨川へ向かう。
ご亭主のおもてなしは、竹皮に包まれたおにぎりと、平家琵琶の演目に合わせて老松さんで作ってもらったという和菓子。

050916
右は与一が射た扇が波にただようところを表わしています。左はお月様に琵琶の4弦とツバメの焼印。

それとこの日のために竹屋さんで作ってもらったという竹筒に入れた水出しのお茶。竹の香りがなんともいえずにいい感じにうつって美味。竹のおちょこでいただく。

今回、この宴を開いてくださったご亭主は、木造建築を大学院で研究していらっしゃるそうだ。外国生活が長く、あらためて日本文化の良さを学んで研究していこうとされている。今回のもてなしにも随所に、和の良さを取り込まれている。
おかげさまで、なんとも風流な時を過ごさせてもらった。

さて、私たち夫婦のいでたちは、ダンナさんは柿渋染めの単衣、わたしは塩沢紬の縞の単衣。
久々に着物を着たものだから、出かける前の帯結びがたいへん。
着ないとどうしても忘れてしまう。これからはどんどんと着物で出かけようねと話合う。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

文覚と戦うの巻

京女の野口先生の自主ゼミ主催の夏の勉強会が今日で終了。
今回は、保元新制と文覚四十五箇条起請文が題材。
関学の岩田さんが中心となって史料解釈と研究史を学ぶ。
わたしは文覚四十五箇条起請文の史料解釈の一部を担当させてもらった。
数週間前から史料とにらめっこ。特にこの1週間は、日本国語大辞典と大字源と首っ引き。
読み下し、解釈ともに、なんとかできた。
でも、わかりやすく説明できなかったのが悔しいな。
頭で思っていたり、理解しているつもりでいるこことを、うまく口述できない。今後の課題。
岩田さん、ありがとう〜〜〜♪

帰りにいつもの古本屋さんへ寄る。
新しい本がたくさん入っていた。
しかもわたしが興味のある平家物語関連とその時代の本ばかり。
興味をひかれ手に取る本ごとに、同じ人の蔵書印が押してある。
店主の話によると、平家物語を研究しておられた中学校の先生が亡くなられたので、その蔵書を引き取ったらしい。
まだ未整理の蔵書の中に、わたしが探し続けている本が無いかどうかを確認してもらうことを依頼し、この数日がんばったごほうびに、『軍記物語形成史序説』『吾妻鏡の人びと』『木曾義仲』を買う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の日の昼寝

秋の日の昼寝。

050908

ペットショップで夏用のタオルベッドが格安で売っていた。
2匹ともふかふかベッドがお気に入り。
クーちゃん、頭がはみ出してますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあがんあろう!

土日と仕事だったので、今日はお仕事お休み。
今週末から予定されているゼミの勉強会へ向けて、この数日はがんばらなくてはならない。
保元新制と文覚四十五箇條起請文の講読会。
わたしの担当は、文覚四十五箇條起請文の史料解釈。
午前中に訓点をうち終わる。明日からは参考文献の精読もしなければならない。

お昼は、伊勢丹で開催中の沖縄展へ行き、ソーキそばとタコライスのセットを食べる。
久々にネイルサロンへも行き、美しい爪になって満足。
夜は、ダンナさんと友人とで串カツ屋さんへ飲みに行く。
楽しい仲間とおいしいものを食べるのは、本当に幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武家の古都、鎌倉

高橋慎一郎『日本史リブレット 武家の古都、鎌倉』(山川出版)が出た。
読みながら鎌倉行きたい熱が再燃。鎌倉の地図を作ることで気を紛らわせる。
でもやっぱり行きたい!
秋の鎌倉はどんなだろう?
今度はあそこへ行こう、あれを食べようと、夢がふくらむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »