« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

蛭ヶ小島

041227

伊豆から帰りました。
たっぷりと勉強もしたし、修善寺の温泉につかりお肌もスベスベ。
年末は忙しいので、年明けに平家歴史紀行の記事に加えます。
うん?源氏じゃないかって?平家の相手方ということで(^^ゞ
上の写真は韮山町の蛭ヶ小島に建つ頼朝と政子の像です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松居一代のスーパーおそうじ術

041223-2大掃除もどうにかこうにか片付いてきた。今日は、窓ふきをがんばる。一仕事終えて、お茶を飲みながら窓を見る。き、きれい!いつもの風景と違う。気持ち良くお茶が飲めた。こんなに幸せな気分になるのなら、日ごろからもっと、もっと掃除をしよう。
女優でお掃除名人の松居一代さんの、テレビのお掃除コーナーを欠かさずにチェックしている。彼女が掃除の本を出した。
内容は、10年主婦をやっていれば常識の範囲なんだけれども、読むと松居一代さんのパワーがもらえるような気がして購入。「汚い家には幸せは来ない!」は、わたしも座右の銘にしよう。
ダンナさんもすっかり松居棒を覚え、部屋ごとにたくさん作っておいて置けばと言っている(笑)

わたしはマニュアル本を買うのがだ〜〜い好き。
収納や、家事の本などの新刊書は必ずチェックしているし、パソコンやソフトの本は、バージョンごとに買い揃えなければ気が済まない。
家事の本で今まで1番の目からウロコ本は、百瀬いづみ『食器洗い機は絶対に人生を変える』(講談社)。わたしは、結婚したら絶対に食器洗い機を備えたいと思っていた。合理化できることは、積極的に取り入れていこうと考えていたからだ。この著者も、全く同じ意見で、わたしと同じ考えの人がいたと安心できた。
びっくりしたのは篠原滋子『考える家事法』(山海堂)。こちらは平成元年の発行。ビジネスではパソコンが普及していたけれど、家庭ではまだまだのころ、家事管理プログラムつきで、パソコンを家事に取り入れて家事管理をしようという提案に、驚きとともに、あこがれが生まれた。わが家のパソコンはマッキントッシュだったので、このプログラムは使えなかったけれど、家計簿ソフトを買いに行ったのも、この本に影響されてだった。
佐藤よし子『英国スタイル 手間をかけない家事整理の本』(幻冬舎)は、家事が嫌いな人でも、ふだんの何気ない一手間で、快適な暮らしができるという内容。快適で簡単な生活を提案してている。
ハウツー物は、読んだらリサイクルに出すが、この3冊だけ、いつも手元に残っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都石碑探偵

041223京都市歴史資料館の伊東宗裕さんが『京の石碑ものがたり』(京都新聞社 1997)に続く第2弾、『京都石碑探偵』(光村推古書院)を出された。
帯に「調査/推理/解明 歴史の謎を探る、楽しみ」とあるが、まさにこの本は、その楽しみ方を教えてくれる本だと思う。坂本竜馬忠魂碑の話や、御大典モニュメントの話など、へぇ〜ボタンを何回も押したくなるようなエッセイが満載。この本を読むと、また違った京都の史跡めぐりができるのではないかと思う。自信を持っておすすめです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のソナタ

今さらながらはまる。
冬のソナタ。
昨日から完全版がBSで放送が始まった。社会現象にまでなっているドラマだし、1回見てみようと録画しておいた。
義朝の最期を書き上げ、遅い昼ご飯を食べながら、録画しておいたのを何気なく見始める。
今日は寝室と階段の大掃除をするはずだったのに、テレビの前から動けない。2時間、釘付け。
みんなが夢中になる気持ちがよくわかった。自分がユジンになったような気がしてならないのだ。
早く続きが見たい。ワクワク。

やっと平安京探偵団の更新ができた。
次回は絵解きの話を中心に、周辺史跡を紹介するつもり。次の記事は、史跡紹介がメインなので、すぐに書けそうだ。
お待たせしてすみませんでした m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上戸彩

NHK大河ドラマ義経のガイド本がいろいろと出始めた。
今日も、山のように買い込んでしまった。
タッキー、かっこいいよ〜♪
阿部寛の知盛も気になる、気になる♪

京大の某先生に、上戸彩に似ていると言われたことがある。
お世辞だわ〜とずっと思っていた。
が、「ザテレビジョンの別冊義経」の67ページの左上の横顔写真を見てびっくり。
どうしてワタシがそこにいるの?と思ってしまった。
鼻をもちょっと低くしたらまるでワタシじゃん。
前から見たらちっとも似てません。念のため(笑)
生のワタシを知っているみなさま、ぜひぜひ見てください!

途中で放棄していた義朝を仕上げようと必死です。
『平治物語』の諸本が理解できなくて、お手上げ状態だったが、国文学をやっているわけではないので、作者が何をいいたいのかは考えないことにした。
明日中には仕上げるぞ!
週末は旅行なので、木曜日までに大掃除も終えてしまわなければならない。明日が勝負。
ちなみに大掃除と墓参りは、29日までに終わらせないと、良い気が逃げてしまうらしい。
先日テレビで細木和子さんが言っていた。
妙に説得力があったので、今年はそうしてみるつもり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新しいブログ

この1ケ月半、新しいブログを作ることに熱中。
平安京探偵団とは別に続けていこうと思っていたが、早くも破たん。
なぜなら、六波羅第のことを書きはじめて、ふと気がつくと平安京探偵団で書いた記事とほとんど同じ文章になっていたのだ。自分でもおかしくて笑える。
ほとんど誰にも見てもらえなくて、平安京探偵団を立ち上げた時のことをしみじみと思い出す。
初心忘れるべからず。
平安京探偵団も、もっともっと手を入れてあげなければと深く反省。
おかげさまで新しいブログは、人気ブログランキングに参加してから、アクセス急上昇中。

こんな移り気な管理人ですが、みなさま、見てくれてありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。

※新しいブログは、平家関連の本の紹介と平家物語の本文の興味があることについて書いていくつもりです。
お暇なときに左のリンクから見てやってくださいまし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新聞の取材で

先日、朝日新聞社の記者さんが、石碑の取材にやってきた。ぶらり見て歩きのような記事。
根っからの野次馬根性のワタシ、頼まれもしないのにくっついて回る。
わが家ご用達のコーヒー豆屋さんや定食屋さんも紹介する。
記事にしてまとめなければならない記者さんはたいへんだろうけれど、取材に同行できて楽しかった。
でも、某寺に門前払いされたのにはびっくり。お寺の由緒をしるした石碑についての取材だったが、「うちはいいですから」って、何がいいのかつっこみたかった。お寺が税金を免除されているのは、公益を期待されているからなのに、門を閉ざしてどうするのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹夜かなあ?

今夜はとうてい眠れそうにありません。
だって、待望の上の2冊が届いたのですもの!

041216

元木泰雄『保元・平治の乱を読みなおす』
保立道久『義経の登場 王権論の視座から』

NHK出版のIさん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くなってきたね

041214

最近、机の下の古い敷毛布の上、2匹が寄り添って寝ていることが多い。
かわいい〜♪ 親バカ日記。

041214-2


| | コメント (3) | トラックバック (0)

人生いろいろ

今日はゼミの日。
うれしいニュースと悪いニュースを知る。
家に帰ってダンナさんに報告しながらいろいろと考えさせられた。
いろんな人がいて、いろんな考えを持っている。
人生いろいろ・・・か。

昨日は第1回の京都検定が行われた。
2級を受けたゼミ仲間に試験問題を見せてもらう。
彼は満点を目指していたが、満点は難しかったようだ。
来年はわたしも受けてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギブ&テイク

先日、実家の母が訪ねて来た。
毎年この時期のお決まり、年賀状の作成にやってきたのだ。自分の兄妹たちに送る分は写真をレイアウトして、それ以外はフリーの素材をダウンロードしてプリントアウト。
もちろんすべて私の仕事。
しかし、世の中はすべて「ギブ&テイク」。
私が作業している間、母はせっせと家の掃除をし、着物3枚分の繕い物、コート2着分の袖丈つめをこなしてくれた。

昨日は、ダンナさんが泊まりで出かけていたので、久々に町へ出てショッピング。
『古文書学提要』上下巻 買っちゃいました。

今日は友人夫婦が久々に遊びにやてくる。
がんばっている人を見るのは大好き。応援したくなる。
そしてわたしもガンバロ〜という気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平忠度の腕塚・胴塚

先週、平家物語探偵団が久々に出動しました♪
神戸市立博物館で開催中の特別展「よみがえる兵庫津〜港湾都市の命脈をたどる」を見に行った。
同時に開催中の、神戸市埋蔵文化財センター企画展示「港町・兵庫津〜賑わう庶民のくらし」も見る。
神戸市博の特別展は、近世の兵庫津に関する展示が中心。ダンナさんは古地図類を見るのが目的。
神戸市埋蔵文化財センターは少し遠かったけれど、常設展も充実しており、考古学ファンにはおすすめな場所。西神中央公園は、古墳の復元やら、埴輪のモニュメントがたくさん立っていた。兵庫津から発掘された泥面子の複製をお土産にもらえた。
神戸市立博物館「よみがえる兵庫津」
【会期】〜12月26日(日)
神戸市埋蔵文化財センター「港町・兵庫津」
【会場】神戸市埋蔵文化財センター(神戸市西区糀台6丁目 西神中央公園内)
【会期】〜12月26日(日)

文化財センターから博物館へ行く途中、駒ケ林で下車し、平忠度の腕塚と胴塚を訪ねた。
震災でかなりの被害を受け、どちらもバラバラに崩れたと聞いていたが、今は下の写真のように、復元されている。良かった。上が腕塚(平忠度塚)、下が胴塚。

010

009

一の谷の戦いで、平忠度は、敗走する際、敵方に右腕を切り落とされ、最後には討たれてしまう。腕塚には、小さな堂が付属しており、中には平忠度の大きな位牌が祀られていた。今は埋めたてられて海岸線が遠いが、かつては松林だったのかなあと想像する。
詳しくは探偵団でいずれ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西本智美さんステキ!

今日は、ダンナさんと京都コンサートホールへ、西本智美指揮大阪センチュリー交響楽団によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲と交響曲第3番英雄を聴きに行く。
西本智美指揮の演奏を聴くのは、1998年の京都市交響楽団を指揮した日本デビューコンサート以来。
良かった〜!西本智美さん、かっこいい〜★
繊細かつ大胆な指揮にほれぼれ。ぐんぐんと演奏にひきこまれていった。
最初は後ろの方のS席に座っていたが、3階のP席が空いていたので、英雄が始まる前に移る。ちょうどステージの真横の上で、オケと指揮の様子が直接に伝わってくる。音質もこちらの方が、断然良い。
帰りに来年の西本智美コンサートの前売り券を買う。
たまには音楽を楽しまなくちゃと、帰りにダンナさんとしみじみ語る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除開始

今日から12月。
いつも年末にバタバタするので、今日から大掃除の計画をたてて実行することにした。
まずは散らかった書庫の大整理。1日ではとうてい終わらない。
古いバージョンのパソコンソフトのマニュアル本やパソコン雑誌を、思いきって捨てることにしたら、かなりのスペースができた。移動書棚に分散していた平家関連本を引っ越しさせて、一か所にまとめる。
平家コーナーができた!見易くなって大正解♪

平家コーナーを見上げるマックとクー。
昨日、トリミング&シャンプーしてもらったので、リボンをつけている。
041201.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »