« バザー大好き | トップページ | 常盤就捕処 »

岩倉散策

野口孝子先生の御堂関白記講読会のお姉さまたちのフィールドワークに参加。
洛北の岩倉を歩く。天気もよく絶好のハイキング日和。
叡電の岩倉駅からまず訪ねたのは、岩倉の地名の由来にもなった磐座がご神体の山住神社。
結界がはられ、そばまでは近寄れないが、立派な磐座が鎮座している。
次は実相院。
久々に拝観した実相院は、お庭がとても新鮮だった。
自然を取り入れた(といっても計算されて取り入れられている)庭園と、枯山水の庭園の2つが楽しめる。
どちらも趣があって甲乙つけがたし。紅葉時は、また一段と美しいだろうなあ。紅葉の頃には夜間ライトアップもある。
庭園を楽しんだ後は、石座神社と大雲寺跡。
源氏物語に出てくる「北山のなにがしの寺」のモデルといわれる大雲寺。
かつては大きな寺院であったが、今は廃れる一方。
わずかながらに残る遺物に、大雲寺の面影をしのぶ。
石座神社でお弁当をひろげ、U先生より小野皇太后の山荘についてのレクチャーを聞く。
午後からは、解脱寺の閼伽井跡、小野皇太后の常寿院跡、朗詠谷を訪ねる。
(これらについては、探偵団の「岩倉に藤原公任を訪ねる」をご覧下さいませ)
かなりの距離だが、大勢でおしゃべりしながら歩くと苦にならない。
最後に長谷八幡宮へ寄る。
長谷八幡宮には初めて行ったが、とても清らかな雰囲気を残す神社だった。
苔の美しさが印象的。
今日の失敗は、デジカメを持って行くのを忘れたこと。とほほ。

晩は、野口ゼミの女子コン参加。
バリ風のお店で、おいしい飲み物、おいしい料理、楽しい話題で大満足♪
若者たちは、元気いっぱいで、それぞれが楽しんで生きている。良いことだ。

帰りに本屋さんへ寄って、日本史ブックレット『武士と荘園支配』、NHKカルチャーアワー「義経をめぐる群像」のテキスト、淡交社から出ている新撰京の魅力シリーズから出た『平家物語の京都を歩く』を買う。
終日、ご機嫌。大満足。
足だけが疲れた〜!と悲鳴をあげている。
がんばった足を、お風呂でモミモミしてあげよう。

|

« バザー大好き | トップページ | 常盤就捕処 »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

うさうささん コメントありがとうございます♪
ねっからの歴史好きだす(^o^)
今日も石碑を求めてバイクでびゅんびゅんと走ってきました。あとで日記書きます。

投稿: ランラン | 2004.10.07 18:38

こんにちわ!
岩倉散策とはとても風情がありますね。
歴史が好きな人にはたまらないでしょうね。
お庭見るのは素敵でしょう。
こちらにお邪魔すると歴史の匂いがくんくん。

投稿: うさうさ | 2004.10.07 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/1613664

この記事へのトラックバック一覧です: 岩倉散策:

« バザー大好き | トップページ | 常盤就捕処 »