« 別冊太陽「神像の美」 | トップページ | 伝統文化祭「西陣 千両ヶ辻」 »

写真展マヤの人びと〜平和を紡ぐグアテマラ女性

グアテマラ政府から弾圧を受け続けているマヤ先住民族の暮らしや闘いを撮り続けているフォトジャーナリスト古谷桂信氏の写真展が、京都YWCA(京都市上京区室町通出水上ル)で始まっている。
ダンナさんの友人が、日本ラテンアメリカ協会ネットワークの活動に参加している。彼女から話を聞いてはいたが、実際に古谷氏の写真を見て深い衝撃を受ける。
グアテマラで36年間(1960‐96)におよぶ政府軍とゲリラによる内戦は、死者・行方不明者の数20万人以上、国内外避難民は100万人以上という犠牲を出した。写真展では、内戦が終結した今もなお、抑圧を受け続けている先住民族の日常と闘いを紹介している。
写真を見ていくと、人権を踏みにじる者に対しする怒りが込み上げてくる。唯一の救いは、明るい未来を見つめる子どもたちの笑顔の写真。
期間は短いが、ぜひたくさんの人に見てもらい、知ってもらいたいと思う。

***********************
【日時】9月20日〜9月26日 11:00〜19:00(最終日は18:00まで)
【場所】京都YWCA 上京区室町通出水上ル
※最終日26日(日)15:00〜17:00、古谷桂信氏の講演会。
【主催】日本ラテンアメリカ協会ネットワーク、京都YWCA
***********************

|

« 別冊太陽「神像の美」 | トップページ | 伝統文化祭「西陣 千両ヶ辻」 »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/1496855

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展マヤの人びと〜平和を紡ぐグアテマラ女性:

« 別冊太陽「神像の美」 | トップページ | 伝統文化祭「西陣 千両ヶ辻」 »