« マイ★バースディ | トップページ | 日本料理は奥が深い »

幸せ続きだ

昨日はダンナさんのお父さんの23回忌。
男の人は簡単に用意が済むからいいけれど、女はそうはいかない。
朝から早く起きて、顔を完璧に作り上げる(笑)
今回は着物を着たので、これまた用意に倍手間取る。
くすんだピンクの唐草模様の地紋の入った色無地に、弔事用の色帯。
蹴上にあるお寺で法要を行い、円山公園の菊の井で会食。
菊の井のお料理、おいしかった〜!
ボリュームもありお腹がいっぱい。
家に帰りつくころには疲れ果て、夕食はざるそばだけ。
メールの返事がたまっているなあと思いつつ、お風呂からあがるとあっという間に爆睡。

今日の午前中、京都国立博物館の『神々の美の世界 京都の神道美術』へ、2度目の観覧。
主に展示替の品々を見る。
この展覧会で初公開となった京都の倉掛神社の伝菅原道真像はすごかった。
2人の座った人物と立った人物が対峙して、座った人物(菅原道真)の冠を、立った人物がしゃくで冠を叩き払う一瞬をとらえた場面。
怒りの形相を持つ立っている人物は誰なのか? 時平? 清行?
ワクワクさせてくれる画像だった。
六孫王神社の縁起絵巻も興味深かった。
大通寺の姿が描かれている。女の人の参詣姿、本覚尼の関係の方ですか?と絵画に向かって話しかける。
絵巻には、小さな階段ピラミッドみたいな経基の墓も描かれていた。
この展覧会は、明日まで。

午後からは、妙連寺の虫干寺宝公開へ行く。今日まで。
豊臣秀吉関連の古文書をはじめ、ひげ名号軸、朱印状などが展覧されていた。
妙連寺って、初めて内部に入った。
豊臣秀吉からもらったという大きな石を中心にした石庭は見事だった。
お寺の方の説明によると聚楽第のものだそうだ。
他に収蔵庫の長谷川等伯のふすま絵を見る。
境内は芙蓉の花が盛り。

夜は、これから木屋町の料理屋さんでお食事♪
法事でダンナさんの妹夫婦が帰京しているので、お相伴でおいしいものにあたる。
幸せ〜♪ 早目にマックとクーの散歩を済ませておこう。

|

« マイ★バースディ | トップページ | 日本料理は奥が深い »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

ヤギさん コメントありがとうございます。
でしょ、でしょ、でしょ(*^。^*)
この展覧会は、本当に楽しめました。
図録の解説には、絵の題材になるエピソードが見あたらないとしていますが、ご存じの方がいれば教えていただきたいです!
時平といえば、この間まで家の近所で時平邸跡を発掘していました。
のぞきに行くと、大きな平安時代の井戸が出ている様子。調査員さんが冗談で、道真死ね!と書かれた木簡が出てきたらいいのになあと言っておられました(笑)

投稿: ラン2 | 2004.09.21 18:23

今日は,ヤギです。
遅ればせながら,お誕生日おめでとうございます。
乙女座なんですね。
9月の上旬ですが,京博の「神々の美の世界」を見に行きました。
行って良かったです!
特に,ラン2さんも書かれている倉掛神社蔵の「伝菅原道真像」。衝撃写真!じゃないですが,こんな題材・構図の画を過去見たことが無かったので,もう釘付け!口あんぐりでした。
この一枚を見ただけでも,行った甲斐があったと思いました。
でも,道真が冠を払い落とされた事件って聞いたことがないのですが・・・。今は伝わっていないけど,画を描く頃は,何かそういう話が伝わっていたのでしょうか?
ちなみに,ヤギは,相手は時平かなぁーと思いました。何か,やりそーなイメージなもので。
では。

追伸:先日,初めて生のペギニーズを見ました。ホント,鼻ペチャさんですね。でも,可愛いかった♪♪

投稿: ヤギ | 2004.09.21 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/1472273

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せ続きだ:

« マイ★バースディ | トップページ | 日本料理は奥が深い »