« iMac G5 | トップページ | 偏頭痛 »

浄妙寺跡&亀山殿跡

今日は宇治の浄妙寺跡の現地説明会へ行った。
木幡小学校のグランドが、ちょうど藤原道長の建てた浄妙寺跡にあたる。
平安時代、法華三昧堂、多宝塔などが建ち並んでいた。
今回の調査は、範囲確認のための発掘調査で、焼土層、出土遺物などから、鎌倉時代以降も大規模な改修が行われていた可能性があると発表された。
多宝塔跡が出るのを期待されていたのだが、それに関わる遺構は確認できなかったようだ。
遺構は、調査範囲が狭く、素人目にはよくわからなかった。
木幡には藤原氏墳墓群があり、浄妙寺は藤原氏のための菩提寺、また藤原寛子の白川金色院跡も近く、将来的にはすべてを包括して藤原氏関連史跡として指定を目指しているということだ。

宇治の現説の後、ダンナさんが、野口先生、S県立大学のK先生をお誘いして、嵯峨野の亀山殿の発掘現場見学に行くのに、ついて行く。
こちらの現場は、つい先日、後嵯峨上皇が造営した御所「亀山殿」の遺構であると新聞発表された。
庭園遺構と建物の柱跡を確認することができる。
亀山殿造営の時に埋められたという大きな堀が、いつ頃ものであるのか、どういう性格のものであるのかが興味深い。
調査後は、小倉百人一首伝承館が建つそうだ。

久々にお会いしたK先生、ドライブ中、ずっとおしゃべりに花が咲き、とっても幸せな1日だった。
これでダンナさんが、iMacG5買ってもいいと許してくれたら、もっと幸せになれるのになあ・・・
今夜から、ダンナさんが寝入った後、耳元で「iMacG5〜。今月誕生日〜」とささやこう。これ意外と効き目あり。

|

« iMac G5 | トップページ | 偏頭痛 »

「京都&歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49695/1334461

この記事へのトラックバック一覧です: 浄妙寺跡&亀山殿跡:

« iMac G5 | トップページ | 偏頭痛 »